ゲーム-機材・ツール

Discordの使い方。初心者に向けて分かりやすく、すぐ使える解説!

2017年12月3日

世にあるDiscordマニュアル難しすぎ! という事で、これさえ読めば通話を楽しめるというものを作りました。

初めて通話アプリに触る人や、サーバーとかチャンネルとか意味分からんって人に向けて徹底的に簡単に説明しています。

ひとまず「通話の仕方」まで読めば会話を楽しめます!

また、記事の下部に通話ができない時の対処法と、おすすめのマイクやヘッドセットを載せているのでぜひ参考にしてくださいね。

Discord公式

目次

Discordとは

通話やチャットを楽しめる音声通話アプリです。

自分たちの部屋(サーバー)を自由に立てることができるのが最大の特徴となります。

またサーバーは自由に出入り可能なので、身内だけで会話したり、大きなコミュニティで掲示板代わりなど、色々な用途に使用できます。

もちろん、一対一でのチャット・通話も楽しめ、画面共有やオーバーレイ(フルスクリーンのゲーム画面に表示)など機能も豊富です。

ゲーマー向けに開発されていますが、様々な人達に使用されており、Skypeなどの通話アプリの次世代版として人気を博しています。

Discordの始め方

Discordには下記の3種類があります。

  • ブラウザ版
  • PCアプリ版(Windows・Mac・Linux)
  • スマホアプリ版(Android・iOS)

どれも同じなので、まずは自分のよく使う環境で始めましょう。

違いとして、ブラウザ版のみユーザ登録無しで使用できますが、登録無しでの使用はフレンド登録などの機能が制限されます。

Discord

Discord

Discord, Inc.無料posted withアプリーチ

ダウンロードからインストール

まずは、公式HPからダウンロードしましょう。

スマホ版はそれぞれのストアから「Discord」で検索すればOKです。

PC_downloadl.jpg

画像の赤枠のところをクリックでダウンロードできます。

いきなり英語だらけでやる気無くしますが、大丈夫です!

インストールさえすれば全部日本語です!

DLした「DiscordSetup.exe」をダブルクリックし、好きなところにインストールしてしまいましょう。

アカウントの登録

インストールしたらまずはDiscordを立ち上げましょう。

特に操作しなくても勝手に立ち上がると思います。

さて、まずはアカウント登録です。

非常に簡単なのでサクっと終わらせちゃいましょう。

PC_account_1.jpg

いきなり濃い画面でビビりますね

洋ゲー用っていう感じが漂っていますが、気にせず赤枠の「アカウント登録」をクリックしてください。

すると以下のような画面になります。

PC_account_2.jpg

ここから赤枠内のEmail・ニックネーム・パスワードを入力し、「続ける」をクリックしてください。

ちなみにニックネームはいつでも変更できるので適当で大丈夫です。

「続ける」をクリックすると、登録したメルアドに以下のようなメールが届きます。

またまた英語で精神的ダメージが大きいですが、やることは簡単です。

※事前にブラウザ版などで日本語にしていると日本語で届くようです。

PC_account_3.jpg

画像のように、青いボタンをクリックして登録完了です!

ちなみにメール本文には「登録ありがとう! メルアドが君のもので合ってるか確認するから下の奴クリックしてね!」って感じのことが書いてます。

青いボタンは「Emailの確認」ですね。

サーバーの作成

ログインすると突然チュートリアルが始まります。

いきなり、サーバーを作ることでうんたらかんたら言われても正直「は?」って感じですね。

この項目ではそんなチュートリアルの補足をしていきます。

さて、まずはサーバーについて軽く説明します。

Discordは複数人で通話や会話をするとき、必ず「サーバー」を作成します。

サーバーはいわゆる家のようなもので、コミュニティやグループと思っていただいて差し支えありません。

サーバーに所属しているメンバー同士で会話や通話が楽しめます。

では、まずは実際にサーバーを作ってみましょう。

PC_server_create_2.jpg

上記画面の赤枠をクリックしてください。

新規登録画面に進むことができます。

青枠は既に作成済み or 所属しているサーバーになります。

PC_server_create_1.jpg

今度は「新規作成」「招待」が選べるので、今回は新規作成を選びます。

知り合いのサーバーに誘われた場合など、既存のサーバーに所属する場合は右の「参加」を選択します。

選択したらサーバー作成画面に移ります。

ここで必要なのは「サーバー名」のみです。

サーバー名はいつでも変更可能ですので、適当に入力してしまいましょう。

最後に「参加」を押して作成完了です!

サーバーリージョンとは

すぐ下に「サーバーリージョン」とかいうまたイミフな言葉がありますね。

これはサーバーをDiscordの持つ世界中のサーバーのうち、どこを借りるかという意味です。

これもいつでも変えられますし、どこにしてもあまり変わらないのでデフォルトで構いません。

実際に通話するとたまに「エンドポイントを待っています。」という意味不明なことを言われますが、これはサーバーに不具合が生じているという意味です。

その時に設定からサーバーリージョンを変えてあげることで解決できます。

サーバー画面の見方

Discordの画面は情報でいっぱいです。

まずはざっくりとした画面の見方を見ていきましょう。

PC_server_display_1.jpg

左の赤枠がチャンネル一覧です。

サーバーがだとしたら、チャンネルは部屋です。

チャンネルはテキストチャット専用「TEXT CHANNEL」と、通話専用「VOICE CHANEL」があります。

この二つは同時に入ることができ、それぞれ複数個いくらでも作ることができます。

先の例で例えると、この画像の場合、「てすとさーば」という家の中に、テキストチャット専用の「general」という部屋が一つ、通話専用の「General」という部屋が一つずつある訳ですね。

真ん中の赤枠はチャット欄です。

自分が入っているテキストチャンネルの会話が表示されます。

そして右の枠はサーバーの所属メンバーになります。

「チャンネル・カテゴリーの作成方法」に飛ぶ

通話の仕方

ここでは肝心かなめの通話のやり方について説明します。

やり方は簡単、ボイスチャンネルに入るだけです。

詳しくは下記の画像を見てください。

PC_voice_manual.jpg
Android_voice_manual.jpg

非常に簡単ですね。

同じチャンネルに入っている同士で通話ができます。

逆に言えば、チャンネルから退出することが切断になります。

ここまでの説明で一通りのことは出来るようになったはずです。

以下では、私が行った設定や困ったことについて記述していきます。

「個人設定」に飛ぶ
「サーバーの設定」に飛ぶ
「フレンドの追加」に飛ぶ
「マイクが繋がらない」に飛ぶ

ビデオ通話の仕方

Discordではビデオ通話が可能です。

PCなら繋げたカメラ、スマホなら内蔵カメラによって行います。

スマホ版のビデオ通話

まずはビデオ通話をしたいフレンドを選択し、一対一チャットを開きます。

複数人とビデオ通話したい場合は後で追加できる(自分含めて最大10人)ので、今はとりあえず1人で構いません。

Discordのスマホのビデオ通話01

上記画面のようにフレンドリストから1人選択してください。

選択してチャットが開いたら次は、下記画像を参考に、招待したい他のメンバーを追加しましょう。

一対一で良い場合、この手順はスキップしてください。

Discordのスマホのビデオ通話でフレンドを追加する

1.のマークをタップし、2.通話に追加したいフレンドにチェックを入れてください。

メンバーが決まったら3.のボタンをタップして追加完了です。

次はいよいよビデオ通話開始です。

Discordのスマホのビデオ通話02

開いたチャット欄の右上、1.「…」をタップするとメニューが開きます。

続けて、2.「ビデオ通話を開始」をタップすると通話がスタートします。

「個人設定」に飛ぶ
「サーバーの設定」に飛ぶ
「マイクが繋がらない」に飛ぶ

PC版のビデオ通話

まずはビデオ通話に繋ぐカメラをPCに接続しましょう。

続けて、Discordのビデオ設定で、カメラの設定を行います。

DiscordのPCのビデオ設定

設定画面に行き、「音声・ビデオ」の項目にあるビデオ設定を確認します。

カメラが接続されていれば、1.の枠に表示されるので任意のカメラを選んでください。

続けて、2.のプレビューでカメラをテストし、正常に動作すれば準備完了です!

 

早速、下記の画像のように、ビデオ通話をしたい相手との一対一チャットを開いてください。

複数人とビデオ通話したい場合は後で追加できる(自分含めて最大10人)ので、今はとりあえず1人で構いません。

Discordのスマホのビデオ通話

1.のアイコンをクリックして、ビデオ通話の開始します。

2.のアイコンをクリックして、メンバーを追加できます。

「個人設定」に飛ぶ
「サーバーの設定」に飛ぶ
「マイクが繋がらない」に飛ぶ

画面の共有(Go Live)

Discordでは、PCからゲーム画面を配信することができ、PCとスマホで視聴することが可能です。

「Go Live」と言われる機能で、配信はサーバー内のボイスチャンネルで行い、配信は配信者を除いた10人まで視聴することができます。

他人の「Go Live」を視聴する方法は配信者の名前をクリックするだけです。

 

さて、では「Go Live」でゲームを配信する方法を見ていきましょう。

Discordの「Go Live」で配信する方法01

まずはPCで、配信したいゲームを立ち上げます。

すると、画像の赤枠のように、画面左下にプレイしているゲーム名が表示されます。

続けて、ゲームを配信するサーバーに入りましょう。

すると、画像の青枠内のアイコンが白くなり、クリックできる状態になるのでクリックしてください。

Discordの「Go Live」で配信する方法02

すると上記画面のようにポップアップが表示されますね。

画像の赤枠内のように、サーバー内のボイスチャンネル一覧が表示されているはずなので、配信したいボイスチャンネルにチェックを入れてください。

チェックを入れたら青枠「Go Live」ボタンクリックして配信スタートです!

Discordの「Go Live」で配信する方法03

配信を開始すると上記画像のように小さな確認用ウィンドウが現れます。

このウィンドウは好きな位置に動かせるので、邪魔にならないようにドラッグ&ドロップでぐいぐい動かしてあげてください。

赤枠のアイコンをクリックすると、招待用URLが表示されるので、TwitterやLINEなどで友人に教えてあげると便利ですね。

また、青枠のアイコンをクリックすると「配信設定」が行え、画質やフレームノートを調整することができます。

「個人設定」に飛ぶ
「サーバーの設定」に飛ぶ
「マイクが繋がらない」に飛ぶ

フレンドの追加

画像はスマホ版

フレンドの追加は、Discord上での名前「〇〇〇#1234」を使います。

名前とコードは、上記画像の青枠のところを見て確認してください。

次に、上記画像のように 1 → 2 → 3 とタップして進んでいき、4の枠に先ほど確認した追加したい友達の名前とコード「〇〇〇#1234」を入力して「送信」を押してください。

PC版も手順は同じです。

Discordの設定 【個人設定】

Discordを始めたら今度は個人設定でカスタマイズをしていきましょう。

設定画面の行き方

そもそも個人設定はどこから行えるのか。
答えは下の画像の場所です。

■個人設定画面への移動

PC_private_setting_1.jpg

画面下部にある自分の名前に横にあるギアマークが個人の設定画面になります。
ちなみに、左隣の2つはスピーカーとマイクのミュートボタンになります。

個人設定に移行するとずらずらっと色々並んでますが、まずは日本語化しましょう。

Discordを日本語化する

もしDiscordが英語だらけならば、まずは日本語化しちゃいましょう。

下の画像を見ながら丁寧に解説するので安心してください。

PC_private_setting_2.jpg

左のメニューから「Language」を選択すると、右に言語がずらずらっと出てきます。
下にスクロールしていくと「日本語」があるのでクリックして選択します。

これで日本語化完了です!

一気に使いやすくなりましたね。

次はそのまま音声の設定に移りましょう。
デフォルトでは通話できない場合があるので、その際は設定を見直します。

まずはマイクやスピーカーが正しく設定されているか見ましょう。

Discordの音声設定。オススメの入力感度はこれだ!

お次はマイクやスピーカの設定を行いましょう。

下の画像を見てください。

PC_private_setting_sound_1.jpg

まずは個人設定画面から「VOICE & VIDEO」を選びます。

すると、マイク・スピーカ・カメラを設定できる画面に飛びます。

音が聞こえなかったり、マイクが音を拾わない場合、それぞれ入力・出力デバイスを「Default」から使用しているものに変更してください。

これでもマイクが音を拾わなかったり、音が途切れ途切れになる場合があります。

その時はマイクの詳細設定をします。

マイクの入力感度を調節する

私のオススメは、「-100dB」つまり一番左に持っていくことです。

理由も含めて、調節方法を説明していきます。

PC_private_setting_sound_2.jpg

まず、デフォルトでは入力感度、つまりマイクの音を認識する範囲は自動調節になっています。

このせいで、小さな音などは拾わなくなり、これが音声が途切れる原因となります。

ちなみにこの設定は、ノイズや呼吸音などをカットするためのものなので、必要がなければ設定しなくて大丈夫です。

下手に設定すると、声が途切れ途切れになってしまいがちです。

さて、まずは音を拾っているか確かめるために、上記画像の「1、つまみを左に」を試してください。

すると自動感知から入力感度の範囲を手動で切り替える設定になります。

この状態でマイクに向かって喋ると、少し色の暗いゲージが動いているのが確認できると思います。

これが貴方の音声を感知している範囲になります。

2」のつまみを調節し、貴方の拾いたい感度の範囲を調節してください。

オレンジ色の範囲がマイクの音声を拾う範囲です。

一番左につまみを持っていくと全ての音声を拾います。

ここまでで大体通話可能になるはずですが、まだ出来ない場合があります。

一番下の「Discordで困ったときのQ&A」を参照していただけると解決できるかもしれません。

声が途切れるときに見直すもの

下記の画像のように「音声・ビデオ」のエコー除去をオフにしてください。

Discordの音声が途切れる時はエコー除去をオフにする

それでも治らない場合は、音量調節の自動化もオフにしてください。

マイクのテスト(音声テスト)の方法

Discordのマイクテスト1

PC版のみ音声設定からマイクのテストを行えます。

上記の赤枠で囲った部分がマイクテストになります。

「Let's Check」を押したらマイクテストスタートです。

ディスコードのマイクテスト2

マイクが反応していれば、このようにメーターが動くはずです。

より大きな音を感知すればメーターは右へと動きます。

テストをやめたいときは「Stop Testing」をクリックしてください。

他サービス(Twitter・Skypeなど)との連携

正確には「接続」と言われ、他サービスでDiscordを使用しているフレンドを一覧に表示させることができます。

これにより、他サービスからDiscordへの移行をスムーズに行ったり、ひとりひとり申請していく手間が省けます。 

連携は以下の画像の手順に従ってください。PC版も同じです。

ユーザー設定から①「接続」をタップします。

続けて、画面右上の②「追加」をタップします。

この時、既に接続済みのサービスは右の画像のように表示されます。

この画像の場合、SkypeとTwitterが既に接続済みとなり、「プロフィールに表示」をオンにしていると、Discord内のプロフィールに接続しているアカウントが表示されるようになり、他人から見られるようになります。

「Discordにフレンドを同期」がオンになっていると、そのサービス利用者でDiscordを利用している人をフレンド一覧に表示するようになります。

では実際に、③のサービス一覧から連携したいサービスを選んで連携してください。

すると、フレンドが同期されている場合は、フレンド一覧の提案タブに表示されるようになります。

まだこの状態ではフレンドになっていないので、Discord上で改めてフレンド申請をしてください。

サーバーの設定

この項目ではサーバーの基本的かつ、知らないと困ることについて説明します。

まずはサーバーの設定画面に移動しましょう。

行き方は2通りあります。

サーバーの設定画面への移動方法

下記の画像を見てください。

左と右で2つの方法があることがお分かりいただけると思います。

PC_server_setting_1.jpg

サーバーの削除方法について

次はサーバーの削除方法について説明します。

何気に分かりにくい位置にあり、サーバーの設定画面から移動できます。

PC_server_setting_2.jpg

ありました! 簡単ですね!

スマホアプリ版のサーバー削除

次はスマホアプリ版のサーバー削除について説明しましょう。

Android・iOS共通ですが、めちゃくちゃ分かりづらいです。

Android_server_delete.jpg

これがスマホ版のサーバー削除の手順になります。

もはや嫌がらせですね。

サーバーをまとめる(サーバーフォルダ)

Discordはサーバーをフォルダにまとめることができます。

所属するとサーバーが多くなってくると、いちいちサーバーを探すのも面倒なので整理してしまいましょう。

サーバーフォルダを作成する

この操作はPC・スマホ共に共通です。

サーバーフォルダの使い方01

まずは画像のように、サーバーアイコンを引っ張って、他のサーバーに重ねてしまいましょう。

すると、サーバーをまとめたフォルダができあがります。

スマホアプリのフォルダ作成とほぼ同じですね!

ちなみに、フォルダをタップすると以下画像のように縦に広がります。

サーバーフォルダの使い方02

赤枠が広がったフォルダです。

青枠のフォルダアイコンはひとくくりのフォルダであることを示し、PC版ではマウスカーソルを載せるとフォルダ内のサーバー名一覧が表示されます。

サーバーフォルダを解体する

サーバーフォルダ内のサーバーアイコンを引っ張って、全部外に出してあげるだけです。

簡単ですね!

チャンネル・カテゴリーの作成方法

Discordでは、サーバー内にチャンネルを自由に作成でき、またチャンネルをカテゴリーで分けることが可能です。

さっそく、サーバーにチャンネルを追加していきましょう。

「通話の仕方」に戻る

カテゴリーの作成

Discordのカテゴリーとチャンネルを設定した画面

チャンネルはカテゴリーで分けることができます。

カテゴリーは自由に設定可能で、例えば上の画像のようにカスタマイズできます。

「作業部屋」というサーバーの中に、「お絵かき」と「ゲーム」カテゴリーがあり、テキストチャンネルとボイスチャンネルが1つずつ作成されている状態ですね。

では、さっそくカテゴリーを作成してみましょう。

Discordのカテゴリー作成の行き方

まず、1の「…」をタップします。

続けて、出てきたメニューを下までスクロールして2の「カテゴリーを作成」をタップしましょう。

Discordのカテゴリー作成

カテゴリー作成画面が出るので、1の赤枠好きなカテゴリー名を入力してください。

カテゴリー名は後から自由に変更できるので、好きに入れてしまって構いません。

ちなみに、プライベートカテゴリーにチェックを入れると、特定ロールの人だけがアクセスできるようになります。

最後に、2のチェックマークをタップすると作成完了です!

3の赤枠が作成したカテゴリーになります。

この時点ではチャンネルが何もない状態ですね。

チャンネルの作成

さっそくチャンネルを作成していきましょう。

操作はPC・スマホ共に同じです。

Discordのチャンネル作成画面

チャンネル作成画面へに行き方には2種類あり、任意のカテゴリー内に作成する方法と、カテゴリーに属さないチャンネルを作成する方法です。

違いは1.カテゴリー横の+から入るか、1´.サーバー横の「…」から入るかです。

好きな方をタップしたら、そのままスクロールし、2の「チャンネルを作成」をタップしてください。

Discordのチャンネル作成

チャンネル画面に移動するので、1の赤枠好きなチャンネル名を入力してください。

チャンネル名は後から自由に変更できるので仮のものでも構いません。

この時、作成するチャンネルの種類を選べるので任意のものを選んでください。

プライベートチャンネルは任意のロールのメンバーだけが入ることができるチャンネルです。

設定を選んだら、2のチェックマークをタップして作成完了です。

3の赤枠内に今回したテキストチャンネルが作成されていますね。

画像のように、テキストチャンネルとボイスチャンネルは同カテゴリー内に同居させることができます。

カテゴリー・チャンネルの削除

作成したカテゴリーとチャンネルは自由に削除することができます。

PC版ではカテゴリー名かチャンネル名を右クリックで削除メニューを呼び出せます。

しかし、スマホ版ではやや複雑なので手順を画像で説明していきます。

では、さっそく削除してみましょう。

チャンネルとカテゴリーの削除画面

削除したい1の赤枠のように、カテゴリー名かチャンネル名を長押ししてください。

すると右の画像のようにメニューが現れるので、2の「チャンネルの編集」をタップしてください。

カテゴリーでも同様です。

チャンネルとカテゴリーの削除

設定画面が現れるので、1の「…」をタップしましょう。

続けて、メニューが現れるので2の「チャンネルを削除」をタップします。

最後に、削除しても良いかという警告が出るので3「削除」タップして削除完了です。

ここまでの手順は、カテゴリーもチャンネルも全く同じになります。

Discordでマイクが繋がらないときの対処

ここではDiscordで良くあるマイクが繋がらない場合の対処集を載せておきます。

何もしていないのにマイクが反応しない

こういう時は個人設定の「Voice & Video」設定の一番下にある「音声設定をリセット」をやってみましょう。

わりと治ります。

分からない時や困ったときは設定のリセット。これ基本です。

特定の人だけマイクが反応しない

マイクの設定は正常なのに、特定の人の声が拾われない。

そんな時は新しくサーバーを作ってみましょう。

なぜか他のサーバーでは正常に揃うのに、特定のサーバーのみダメという場合があります。

現状原因不明なので、分かる方はぜひ教えてください。

Pixel3を使用していてマイクが反応しない

Discord公式でも認知されているPixel3固有の不具合です。

ベータ版を使用することで対処できます。

まず、PlayストアのDiscordのページに移動してください。

そして少し下にスクロールすると「ベータ版テストへの参加」という項目があるので、そこの参加をタップしてベータ版をインストールしましょう。

いずれ正式版でも修正が採用されるはずですが、正式版が反応しない場合はこのベータ版を活用することで対処できます。

終わりに: ご要望・ご質問について

一通り、私なりに完全な初心者用の導入マニュアルとして作ってみたつもりです。

追記の要望やご質問、ここちょっと情報が古いよというのがあればツイッターやコメント欄からどしどし送ってください。

また、普段からいつもゲームをしているのでTwitterやDiscordでガンガン絡んでくださいね!

最近はゲーム配信も始めました。良ければ覗いてみてください。

Twitter:@masty_cafe
Twitch:masty_cafe
Discord:#5937

Discordで使えるおすすめ機材!

Discordで使える便利な機材を私なりに厳選したものをご紹介します。

ヘッドセットのおすすめと選び方

長年のネットゲーマーである私が厳選した、実用に耐えうるヘッドセットを紹介します。

自信を持って紹介できるものだけを選びました。

選び方や注意点についても記述しているので、ぜひご覧になってください。

ヘッドセット
おすすめゲーミングヘッドセット。音楽・FPS・用途別にゲーマーが厳選【PS4/PC/無線】

続きを見る

マイクのおすすめ紹介。実況者や生配信者愛用の品!

ECM-PC60

古くから実況者や生配信主に愛されているピンマイク。

スタンドだけでなくクリップ付きのピンマイクとして使用できます。

スタンドは小さいため、実際の使用用途はピンマイクが多いです。

AT2020

同じく実況者や生配信主に愛される一品。

オーディオインターフェイスが別途必要ですが、歌を収録するならこのクラスは最低限必須。

見た目の通り、歌や曲の収録にも耐えうる性能を持ちます。

マイクに息がかかるのを防ぐウインドスクリーン・ポップガード

マイクを裸の状態で使用しているとマイクに息による音が入ってしまいます。

これはポップノイズと言って発音の性質上、絶対に防げません。

そこで、ヘッドセットやピンマイクならウインドスクリーン、コンデンサーマイクならポップガードを使用して防ぎましょう。

>>ウインドスクリーン・ポップガードの詳しい説明や選び方はこちら

ウインドスクリーン

筆者が実際に使用しているウインドスクリーン。

使い方はヘッドセットやピンマイクにハメるだけ!

格安でそこそこのポップノイズ対策効果が見込め、唾液からもマイクを守ってくれる必須アイテムです。

ポップガード

格安金属ポップガード。

昔から歌い手や実況者に愛用されてきた一品です。

ノイズだけでなく唾液や湿気からマイクを守り、何度でも洗って使いまわせます。

-ゲーム-機材・ツール

Copyright© 本気でのんびり生きていく , 2019 All Rights Reserved.