ゲーム-レビュー

『DEVOUR』レビュー。ワンコインと少しでオカルト教団員になってみるのも良いかもしれない

2021年4月28日

DEVOURのタイトル画面

手軽に協力プレイ(Co-op)ができるゲームは何かないか、そんなゲームを探して『DEVOUR』に辿りついた。

と言う訳で、今回は『DEVOUR』という協力ホラーサバイバルゲームについてレビューしていく。ちなみに読み方はSteamストアによると「ディヴァウアー」らしい。本当か?

本作はJoe FenderとLuke Fanningが開発し、Straight Back Gamesによって2021年1月28日にリリースされている。現在はSteamで販売されており、お値段もワンコインとちょっとで購入できる。セール中なら文字通りワンコインで購入できるが元が安く割引率も大して高くないのでセールを待つほどでもないだろう。

Steamのストアページ

ランダム性のあるシンプルな協力ホラーサバイバル

DEVOURのゲーム画面
グラフィックのレベルは高いとは言えないものの雰囲気はよく出ている

本作のゲームルールはシンプル。館に解き放たれた10匹のヤギを捕まえ祭壇で燃やすこと(!)。それだけだ。

プレイヤーはカルト教団「アザーゼル」の一員となり、教団のリーダー「アナ」の呪いを解くのが本作の目的であり、その手段が前述の方法となる。リーダーの呪いを解くことが目的であるが、敵となるのも呪われたリーダーだ。

DEVOURのヤギ
解き放たれるヤギ……ヤギ?

アナは洋館を徘徊しておりプレイヤーを見つけると館の奥深くへとさらっていき行動不能状態としてしまう。プレイヤー側は対策として懐中電灯のUVモードを照射することで動きを止めたり一時的に退散させることができる。また、ランダムで配置された救急キットを使うことで行動不能となったプレイヤーを助けることも可能だ。

DEVOURの救急キット
救急キットに描かれるケーリュケイオン

アイテムは基本的にプレイヤー1人につき1つしか持てない。救急キットを一ヶ所に集めておくなどプレイヤー同士で連携が必要となる。

館内のアイテムはランダム配置で、敵となるアナの活動もゲームが進むごとに激しいものとなるのでシンプルながら繰り返しプレイできるだろう。

ゲームはめちゃくちゃ怖いがいささか単調

DEVOURの紙切れ

ワンコインで遊べるゲームかつリリース直後のゲームに言うにもどうかと思うのだが、個人的にはいささか単調に感じた。

協力ゲームとして必要な点はしっかりと抑えてあるし、パークやレベルといった概念がないため誰とでも気軽にプレイできるのはとてもありがたい。個人的にはこの点が購入の決め手となった。

また、ホラーゲームとして必要な点はしっかりと抑えてある。OPの映像はしっかりと作り込んであるし、館内に存在するテキストはよきフレーバーとなってくれる。

DEVOURの敵

またホラー演出は全体的にかなりよくできている。というか怖すぎて襲われる瞬間のSSはとてもじゃないが撮ることができなかった。

慣れてくると作業ゲーとなるのがこの手のホラーゲームのお約束であるがアナとの遭遇だけは慣れることができなかった。とてもではないが私ではシングルプレイは無理である。

DEVOURの洋館内

とはいえ、現時点(2021/4/28)ではマップが1つであるし、敵の種類も実質2種類しかなく、ランダム要素といってもアイテムの配置が変わる程度なので数回繰り返してクリアを目指せればいいという程度だろう。

ちなみにワンプレイは長くても30分程度なので気軽にプレイ可能だ。

まとめ

DEVOURの洋館入口

ワンコインと少しで購入でき気軽に協力プレイができるホラーゲームとして買って損はないはずだ。

今年のハロウィン前には新マップを追加するという予告もあるし、間違いなく初回のプレイ時はとても楽しめることは間違いないので、気軽にプレイできる協力ゲームを探してる人にはぜひオススメしたい。ちなみにシングルプレイも楽しめる。

ぜひとも興味があればプレイしてみてほしい。

-ゲーム-レビュー

© 2015 マスティ