オタクにおすすめしたいもの

png入稿でアクキーを制作してもらえる会社比較

2020年10月14日

こんにちは。マスティ(@masty_cafe)です。

こちらの記事でアクキーを作った際、pngで入稿OKな会社を調べてまわったので、各社の特徴をメモしておきます。

ここで共通してるのは「pngで入稿できる」「1個から作成できる」の2つです。

「アクリルグッズの達人」さん

アクリルグッズの達人で作成したアクリルキーホルダー

公式サイト

  • 小さいもの(画像は2cm程度でもっと小さくできる)が作れる
  • アクキーシミュレーターで実際の大きさが表示される
  • 納品が最も早い(3営業日で出荷)
  • 大量発注向けなので1品のみは非常に高い
  • オプションがかなり細かく設定できる
  • 入稿データ制作アシストは1500円から

いたれり尽くせりで完璧ですね。

しかし、高いです。営業日を出荷日を早くしたときにかかる追加料金がデザインごとにかかります。さらに大量に作成すると(数十~数百個)だと1つ160円まで下がるのですが、1つだけだと1000円ほどかかります。

私の場合は2デザインで2個かつ最速出荷の3営業日で「¥3,910」かかりました。

また、アクキー以外だと入稿データアシストを使用するとpngファイルでもアクキー以外のグッズを作成してもらえます。

注意したいのは、ここは結構データが厳密で、例えばアクキーの穴が微妙に被ってたりするとすぐに再調整の連絡がきます。発送を予定ギリギリにしているとこの再入稿で間に合わなくなる可能性があるので余裕をもって入稿するようにしてください。

ちなみにこんな感じで届きました。クロネコヤマトさんだったので宅配ボックスに入れてもらっています。

アクリルグッズの達人さんの配送

あけるとこんな感じです。

アクリルグッズの達人さんの配送の中身

一つ一つ丁寧にくるんでくれています。今回はオプションで銀袋にしてもらったのですが、ちゃんと付箋で中身がなんなのか書いてくれています。

もちろん透明な袋にいれてもらったり、指定したデザインの台紙をいれてもらったりもできます。

銀袋にしてランダムでプレゼントとかもできそうですね。

「Mydoo」さん

公式サイト

  • めちゃくちゃ安い
  • まぁまぁ納品が早い(2週間程度)
  • pngだとサイズが選んだサイズ(40mm×40mm)によって自動調整され、それより小さいサイズやピタリと狙ったサイズにできない
  • 1度に10デザインまで注文でき、送料一括300円
  • ネコポスを利用できる
  • 事あるごとにセールをしてるのでさらに安い
  • 入稿データ制作アシストは1000円から

値段で言うと「Mydoo」さんが1つ330円ほど、さらに送料300円でめちゃくちゃ安く、2週間ほどで届くのでかなりお得です。ネコポスで届けてくれるのも気楽でとてもいいですね。

実はここでも作ったのですが、6デザインで6個依頼したものを2週ほど待ち「¥2,049」でした。

また、アクキー以外だと入稿データアシストを使用するとpngファイルでもアクキー以外のグッズを作成してもらえます。

Mydooさんで作ってもらったpngでのアクキー

Mydooさんで作ってもらったのは真ん中2つです。本当は小さいサイズにして発色の違いを見たかったのですが、シミュレーターでは小さくしても購入したサイズに合わせて自動的に大きくされるとの公式回答をいただきました。

同じ大きさではないので断言はできませんが、これを見るとMydooさんの方が赤色の発色が良いかもしれません。

ちなみに包装はこんな感じで届きました。今回はネコポスです。

Mydooさんの配送

1つずつ袋に入れてくれていますね。台紙も指定可能ですが、袋は指定できません。

安いしってことで調子に乗って色々なサイズで入稿したのですが、Mydooさんのシミュレーターは細かいサイズ調整ができないということで全部同じサイズになった悲劇がこれです。

まぁでも控えになりますし、安いので問題無いですね。

「pixivFACTORY」さん

公式サイト

  • まぁまぁ納品が早い(2週間程度)
  • シミュレータではメモリは無いが小さいものも作成可能
  • 小さく(2cmなど)作ると余白の部分がごわごわしてしまう
  • 細かいオプション(ナスカン固定など)がない
  • 値段は1個だと870円、送料770円と中堅
  • 500円クーポンなどをよく配っている
  • アクキー以外のグッズもpngで入稿可能

3社では中堅的な感じですね。

ごわごわしたふちにならなければpixivFACTORYさん一択レベルでした。ただ注目すべきはアクキー以外のグッズもpngで入稿できることで、缶バッジやステッカーやら色々あるのでぜひ見てみることをオススメします。

ちなみにごわごわっていうのはこんな感じです。シミュレーターで2cmぐらいにするとこうなります。

pixivFactoryで作成した小さいアクキー

たぶん最低サイズみたいなのが決められていて、余白が大きくなるんでしょうね。これはこれで可愛いかもしれません。

しっかりと枠に収める(5cm)とこうなり、ごわごわした印象は無くなりますね。アクリルグッズの達人さんに比べるとふちが丸々していますがそこは好みでしょう。

pixivFactoryで作成した大きいアクキー

png入稿は楽

pngでの入稿はささっと調整して作ってもらえるのでいいですね。

まだ注目している企業もあるので、作り次第このページに追記していこうと思っています。

-オタクにおすすめしたいもの

© 2015 マスティ