ゲーム-機材・ツール

ゲームにはノートPCとデスクトップPCどっちが良い? 比較と解説

2019年7月9日

こんにちは。ゲーム大好きSEのマスティ(@masty_cafe)です。

昨今はゲーミングノートPCの性能も上がり、ゲームをするには十分な性能になりましたね。

そうなってくると、どちらを買うか悩む方が多いと思います。

そこで、それぞれにおすすめな方と、それぞれの比較をご紹介します。

あなたのライフスタイルに応じて後悔しないものを選ぶようにしましょう。

ノートとデスクトップどちらがおすすめ?

ゲームや、動画鑑賞など色々なことを同時にしたいというのが目的ならデスクトップにしましょう。

ノートPCも悪くありませんし、十分な性能を持っていますが、2台目用であったり、明確な目的を持っている方向けです。

理由としては、ノートPCはゲーミングPCとしては性能が微妙で、通常のノートとしては少々オーバースペックなのです。

以下に詳しい詳細を載せているので、そちらも参考にしてみてください。

デスクトップPCがおすすめな人

  • 予算の許す範囲で出来るかぎり高性能なPCが良い
  • 今後、パーツ単位でカスタマイズしたい
  • youtubeを見ながらや、動画撮影しながらなど同時に複数の作業を行いたい

綺麗なゲーム画面で遊びたい、パソコンで動画や他の作業も同時にしたい、という方はデスクトップPCにしましょう。

値段的にコストパフォーマンスは遥かに上です。

基本的に、ノートPCに対するデメリットは動かしづらいぐらいしかありません。

ノートPCがおすすめな人

  • リビングや私室など様々な部屋で使いたい
  • 旅行先に持って行きたい
  • PCにあまりスペースを使いたくない

昨今のノートPCは性能が上がっているため、ゲーミングPCなら十分にだいたいのゲームが可能です。

しかし、値段はデスクトップPCより高くなりますし、性能もデスクトップに劣ります。

また、容量も少ないため、明確な使用意図がある方向けになります。

ノートとデスクトップの詳細比較

ここまで大雑把におすすめポイントを紹介したので、今度はノートとデスクトップを比較した詳細な違いをご紹介していきます。

値段と性能差

基本的に、ゲーミングノートPCは最高性能でも、デスクトップPCにおけるミドル(中間)スペックになると考えてください。

そして、同値段帯の場合、性能はデスクトップの方がノートPCより約1.2倍上です。

平均的なミドルスペックのゲーミングPCだと12~14万ほどになります。

ただ、デスクトップPCは多くの場合ディスプレイ(モニター)がついていないので別で購入する必要があります。

ディスプレイ(モニター)代は安くて2~3万です。

高解像度でゲームをプレイしたい場合はデスクトップPCをオススメします。

データ容量

基本的に、ノートPCは「SSD」しか積んでいないので、昨今のゲームでは5~10個程度でいっぱいになります。

なので、ノートPCでゲームをする場合、使わないゲームはこまめに削除しておく必要があります。

また、動画を撮りたいなど考えている場合、外付けHDDが必須となります。

対してデスクトップPCは「SSD + HDD」という構成になるので、ある程度ならそのまま使えます。

大きさ

言うまでもなくノートPCの方が小さいのですが、通常のノートPCと比較したとき、ゲーミングノートPCはある程度の大きさが必要となります。

例えば以下は平均点なゲーミングノートPCとMacBookの大きさ比較です。

MacBook

ディスプレイ13.3インチ
大きさ 幅325mm×奥行227mm×高さ17mm 1.35kg
重さ1.35kg

ゲーミングノートPC

ディスプレイ15.6インチ
大きさ幅364mm×奥行257mm×高さ35mm
重さ2.1kg

無論、純粋にディスプレイサイズが違うので、大きさが違うのは当たり前なんですが、そもそもゲーミングノートPCで小さいディスプレイサイズは基本的に少数派と考えてください。

結論

ゲームが最優先で、特別な目的が他に無ければデスクトップPCにしましょう。

ノートPCでもゲームはできますが、性能・容量ではデスクトップに勝てないということは念頭に置いておいてください。

容量に関しては外付けHDDを駆使することである程度はカバーできます。

遠征先で使用するなどの目的があるならノートPCで困ることはないでしょう。

-ゲーム-機材・ツール

Copyright© 本気でのんびり生きていく , 2019 All Rights Reserved.