楽しく生きるコツ

後悔している時ほど的外れな反省をしているという話

2019年4月6日

深く後悔したことってありますか?

職場で大きなミスをしたり、友人や恋人と喧嘩してしまったり、決断を間違えてしまったり……人生は後悔することがとても多いです。

そういう時、人はその後悔を取り返そうと必死に行動しようとしがちです。

でも待ってください。

それはとても危険な行為です。

なぜならあなたは暴走している可能性が非常に高いからです。

どういうことなのか一緒に見ていきましょう。

後悔している人が求めているもの

まず、後悔している人が求めているものとは何でしょう。

それは救いです。

それはいかなる後悔であっても同様で、行き着く先は後悔を無くすことを求めます。

目的は自らの救済、つまり自分を救うこととなります。

ここを間違えると取り返しのつかないことになります。

なぜそうなるのか、いくつかのパターンに分けて説明していきます。

金銭トラブルなど日常・仕事のミスでの後悔は損害を増やしがち

大きな損失をしたり、仕事や日常でミスを犯しての後悔をしたとき、その損を取り戻そうと動きがちです。

えてして損害が増すだけなので一旦冷静になりましょう。

そもそも通常の状態で間違いをおかして失敗したのに、そんなに焦っている状態で取り戻せる訳がありません。

そんなことも分からないほどに混乱してしまっているのです。

まさにミスがミスを呼ぶ状態ですね。

後悔の対象が友達や彼氏彼女など、人間トラブルであれば要注意

何かしら人間関係でトラブルを起こすと、自分が全て悪いという状態に陥ることがあります。

友達や彼氏や彼女にひどいことをしてしまった。

全て自分が悪いんだ。

謝罪しなければ!

という状態ですね。

経験上、めちゃくちゃ危険な状態です。

かなりの高確率で関係が悪化します。

なぜ? 後悔して謝罪までしようとしているのに?

と思う方が居られるかと思います。

その謝罪は十中八九、的外れです。

ひどく後悔している時は大抵軽い錯乱状態にあり冷静になれていません。

謝っているのに逆に怒らせてしまったという経験はありませんか?

それは何故かと言えば、相手が本当に求めている答えとは明後日の答えを提示してしまっているからです。

なので相手は「本当に考えているのか?」「適当に口だけで謝罪しているんじゃないか?」となる訳です。

ではなぜそうなるのでしょうか。

「導き出した答えで救われたい」「それが原因であってほしい」と、相手の気持ちが分かったと思い込んでしまうからです。

本来、他人の気持ちなんて誰にも分かりません。

なのにそれこそが原因なのだと、相手の気持ちを理解したかのように思い込んでしまうのです。

そして、それを解消しようと暴走してさらに怒らせてしまう、ということが多々あります。

後悔したときの対処法

全ての後悔に言えることですが、まずは冷静になることです。

一度、後悔の対象から身を置くなり深呼吸するなりして、頭に考える余裕を作りましょう。

深い後悔をした初めは軽い混乱状態になるものです。

まずは自分が混乱しているということを自覚することが冷静になる第一歩です。

そして、少し余裕ができたら初めて次の事を考えていきます。

金銭トラブルや買い物での後悔の場合

まず、本当に手持ちのものでどうにかならないか考えましょう。

間違ってしまったものはどうしようもありません。

失敗を取り戻すにはさらなる費用がかさみます。

そこまでするほどのことなのでしょうか。

一旦落ち着いて考えてみると、手持ちのものでもその場は乗り切れることが多いはずですよ。

冷静になって尚、まだ公開が残るようであれば次の機会に再挑戦するために何をすれば良いか作戦を考えていきましょう。

人間関係での後悔の場合

もし、誰かに迷惑をかけたのであれば、まずは謝りましょう。

その際に言い訳や余計な言葉は必要ありません。

まずは迷惑をかけたということ、そのもの自体に対して謝りましょう。

それだけで十分に気持ちは伝わるはずです。

そして、そこからまずは1人でゆっくりと時間をかけて考えてみましょう。

考えるときは、相手の目線になって相手の気持ちで過去の自分を見るように思い返すと分かりやすいはずです。

相手との関係が良くなっていれば、相手に直接何が悪かったのかを問いかけるのもありです。

その際は、自分は自分が悪かったと思う点も一緒に伝えましょう。

注意すべきは「きっとそうだ」と決めつけてしまうことです。

他人の気持ちは絶対に分からないということを念頭において、最後まで決めつけることなく考えていきましょう。

そして、ある程度答えが固まったら再度謝ってください。

最初と次回、2回謝ることで貴方が必死に考えたのだということも伝わるはずです。

最後に

人生は後悔の連続です。

人は未来も他人の心も、ましてや自分の本心すらも分からない生き物です。

絶対後悔するようにできている生き物なので、後悔を恐れないようにしてください。

決して忘れてしまうのではなく、後悔を経て成長できるようにしていきましょう。

-楽しく生きるコツ

Copyright© 本気でのんびり生きていく , 2019 All Rights Reserved.