楽しく生きるコツ

嫌いな人が多いと学べることも多い。うまく付き合う方法とイライラの原因!

2019年4月17日

皆さんは嫌いな人は居ますか?

程度はあれど、自分に合わない人というのは存在します。

そんな人が身近に居るとき、どのように対処していますか?

私はそういった人達からは学べることも多いと考えています。

そんな人達から学べることなんてない! と思う方もいらっしゃると思いますが、いえいえ意外にあるものです。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

もしかすると少しはストレスが減るかもしれませんよ。

嫌いな人ってどんな人?

嫌いな人というのは、大別すると2種類に分けられます。

それが以下の2種類です。

  • 自分に直接、嫌な行動をしてきた人
  • 自分にとって嫌な行動をしている人

前者は直接不利益を被ったので嫌いになるパターンです。

後者は自分自身は何もされていませんが、行動や外見・仕草・思想などなにかしらが「気に入らない」から嫌いだというパターンです。

それぞれの学べること・イライラしない方法を紹介していきますね。

行動や仕草・思想などが気に入らない人

これは相手に対して、何かしら嫌悪したり気に入らない部分が存在し、見てると段々嫌いになってきた、というようなパターンですね。

学べること

こういう相手からは学べることが特に多いんです。

なぜなら、自分に極端に似ているか、自分に無いものを持っている相手であることが多いからです。

前者はいわゆる自己嫌悪と言うやつですね。

よーく観察してみてください。

自分も同じことをしているなってことありませんか?

心当りがある方は今まさに、自分を客観的に見ることができたのです!

ぜひ、反面教師にして利用しちゃいましょう。

そして後者、自分にないものを持っているパターンです。

分かりやすい例だと、自分より金持ちや有名な人に対して「性格が気に入らない」とか「行動が下品」とか思う感情です。

このパターンの場合、自分の知らない未知なものに触れたことによって、その文化を受け入れられなかったり、自分に無いもので成功した人に対しての嫉妬などが主な理由となります。

しかし、これはチャンスです!

自分に無いものや、どうすれば成功できるのかを身を持って教えてくれているのです。

なぜ嫌悪してしまうのかをよく観察しましょう。

そこに自分にないもの、知らなかったものを見つけることができます。

文化や常識の違いであれば、新しい知見や知識、モノの観方を得ることができます。

自分とは違う道を歩んだ成功者であれば、取り入れることで自分の成功への礎とできます。

図太く自分の人生に取り入れてしまいましょう!

イライラしないための対処法

こういった価値観の違いによって生じる相手への対処法は簡単です。

相手の価値観を理解し、認めることです。

共感は必要ありません。

自分とは違う環境で育ち、自分とは違う経験を経て、自分とは違う価値観を確立したのだということを理解します。

すると、この人はこういう価値観の人なのだから、こう考えるのは当然なのだと割り切ることができます。

ここで間違っても、自分の気持ちを理解してほしいだとか、こういう行動をしてほしいと思ってはいけません。

基本的に、他人に他人の気持ちは変えられないものなのです。

それなのに、相手に自分の気に入る行動を求めてしまうからイライラしてしまうのです。

「なぜ?」や「どうして?」という気持ちを捨てて、この人ならこうするだろうし、それが当然であると理解するようにするとイライラは消えていくはずですよ。

イライラの原因は意外に自分自身だったりするのです。

自分に嫌なことをしてくる人

これは実害を被るので厄介なパターンですね。

学べること

なぜその人が自分に対し、そういった行動をしてくるのか考えてみましょう。

無差別な愉快犯でない場合は何かしら理由が存在するはずです。

もしその行動がセクハラだとかであれば論外ですが、嫌がらせや悪口なのであれば、自分を嫌っている可能性があります。

ではなぜ嫌われているのか、相手の視点に立って分析してみましょう。

それはもしかすると自分の直すべき点なのかもしれませんし、妬みや嫉妬などの感情かもしれません。

前者であれば自分の短所を直せます。

後者であれば自分の長所を発見できたということです。

自己分析を他人任せで出来ちゃうので儲けものですね!

イライラしない対処法

はっきり言って実害がある相手に対して付き合う必要はありません。

ぱっぱと距離を置いてしまって、無視してしまいましょう。

しかし、自分に非がある場合は原因を直さなければ、いずれ同じことを繰り返すかもしれません。

しかしそれでも、実害を与えてくる相手からはさっさと距離を置くべきです。

どういう結果であれ、貴方にとってプラスは無いと言えます。

どうしても耐える必要がある場合は前項の「行動や仕草・思想などが気に入らない人」への対処法を使ってください。

多少は心が楽になるはずです。

まとめ

他人は自分を映す鏡です。

しかも、多方面・様々な角度から映してくれます。

是非とも自己分析に利用してしまい、同時に相手への理解を深めていきましょう。

世の中は思いのほか自由だったりします。

そしてその自由さを認めることができないゆえに、人間関係に軋轢が生じることも多々あるのです。

-楽しく生きるコツ

Copyright© 本気でのんびり生きていく , 2019 All Rights Reserved.